プロフィール

nebbish

Author:nebbish
原点買い気。

見に来てくれた人、ありがとう ×
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Flickr
www.flickr.com
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーブルーブルー。

というわけで、こんなのこんなのを見せられたら
じっとしてはいられません。

いつもの場所(徒歩2分)でオリンパスブルーを探してみました。

P7131289

ちょっと違う。

続きを読む

スポンサーサイト

RGB

というわけで、突然ですが「E-420のホワイトバランスで遊んでみよう」のコーナーです。
いつからだ、そんなコーナー。

E-420は比較的賢いオートWBがありまして
ほとんど機械任せで問題ないのですが
そこに赤と緑を補正できるオプションがあるのです。
それぞれプラスマイナス7段階の補正が出来ます。
敢えて大きく振ってやると、結構印象が変わります。
試しにウチのフォトジェニック鉄塔を撮ってみました。

まずはオートWB。オリンパスグレイです(・∀・)。

WBオート


ではいってみましょう。

①赤:+7 緑:0

A:+7 G:0


②赤:+7 緑:+7

A:+7 G:+7


③赤:+7 緑:-7

A:+7 G:-7


④赤:0 緑:+7

A:0 G:+7


⑤赤:-7 緑:+7

A:-7 G:+7


⑥赤:-7 緑:-7

A:-7 G:-7



いかがでしょう。③とか⑤はうまく撮ればトイデジっぽくなりそうな気がしなくもないような。
また今回はかなりの曇り空だったため、晴天下ではまた少し結果も変わるかもしれません。

以上、たぶんきっとさっぱりがっつりお役に立ててない
「E-420のホワイトバランスで遊んでみよう」のコーナーでした。
しーゆー。

情熱の薔薇。

P6291201

というわけで、友達に薔薇の花をいただきました。多謝。
E-420 with 3535MacroのVividで撮影。
ホントはも少しピンクなのです。


P6291210

P6291209

下の2枚はNaturalで。
色味はこちらの方が本物に近いです。
この辺は好みですね。


落ちる。

というわけで、横浜方面にマタギが出没されてたころ、
私は飲み会に誘われていた。

久々だったこともあり、少し深酒になってしまったようだ。
頃合いを見て友人3人とタクシーで帰ることにした。
距離的に私が2番目だったので、少し歩かねばならなかったが
途中で降りることにした。

行きには降っていた雨も止んでいた。
雨雲が流れていったのだろう。少し星も見える。
あの辺かな、カシオペアz












田んぼに落ちました。











35年の人生で初めてでした。
あまりにショックで、その後のことは余りよく覚えていません。
翌日、泥だらけの財布と携帯とTreoが机の上にありました(なんとか電源は入る)。
今、外出する時は家族みんなから「田んぼに落ちないようにね。」と言われて送り出されます。
父親の威厳ゼロ。


いつまでも落ち込んでいるわけにはいきませんので、ノルマをこなすことに。
こうやって撮ってみると、やっぱり難しいです。
全て手持ち、息止め連写撮影です。

P6221153

P6221134

P6221143


これ撮ってる間に蚊に足を8カ所刺されました。
来週36歳になります。


梅。

梅マクロ。



というわけで、あっさりバレてしまった等倍マクロ、ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macroです。


OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro

B000BKVJD6
オリンパス 2005-11-20
売り上げランキング : 1354
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



フォーサーズなので2倍相当になります。
いわゆる「梅レンズ」と呼ばれる廉価版のレンズなのですが
そんなこと気にならないくらいよく写ります。


バランスはいいのです。


ちなみに手持ちのレンズでは、E-420にはこのレンズが一番バランスがいいです。
パンケーキは首から提げると軽すぎ&小さすぎてカメラ自体が上を向いちゃうんですよね。
ボディスーツを付けると軽減されるらしいですが。


買うより撮れ。


しかも、軽い!さすがにパンケーキと比べるのは酷ですが
それでも500mlのペットボトルとほぼ同程度。
コマゴマしたものをたくさん持ち歩きたいものとしては
この軽さはとてもありがたいのです。

ホントは「竹レンズ」にランクされる銘玉「50mm F2.0」が欲しかったのですが(明るさ・焦点的にも)
さすがにそこまでは手が出なかったので、次への宿題とします。


下手ですがよろしければFlickrご覧下さい。

P6140828

P6140748

P6140825

P6140823

やっぱり「雫」に挑戦しないといけませんね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。