プロフィール

nebbish

Author:nebbish
原点買い気。

見に来てくれた人、ありがとう ×
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Flickr
www.flickr.com
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフ・フラーッシュって決め技っぽい。

というわけで、最近TXネタが多いな。
あ、Treoは明日お色直しの予定です。ふふ。

Palmistryさん経由で知ったのですが
OffFlushというソフトが復活(?)してるようです。
電源OFFの際にDBCacheをクリアしてくれるというもの。
電源を切るってのは、Palmの使用が終わった時点ですから
電源ボタン押してそのままポケットにしまう間にDBCacheをクリアしてくれるというのは
寝てる間に掃除をしてくれるみたいで、いい感じ。

以前、1srcで見つけてはいたのですが
何やら致命的なバグがあったらしく、作者の方が開発・配布中止にされたようで
恐らく手に入らないのだろうと思ってました。

どうやら、有志の方の手で復活されたようです。
こういうのはPalmユーザーらしいというか、嬉しくなりますね。

OffFlush ※1srcの無料登録が必要です。
スポンサーサイト

TXで解凍するその2。

というわけで、ようやく「めざてん道6級」に合格しました。
「かんたん」から「ふつう」に昇格です。
かけ算とわり算ってこんなに難しかったっけ?

さて。

前回の続きで、TXでZIPファイルを圧縮・解凍してみます。
今回はLightNzipを使ってみます。

前回のPalmHandZipperに比べると華やかなインターフェイスです。

で、見た目の華やかさとともに機能もこちらの方が高機能っぽいです。
単純に解凍するだけであれば、「UNZIP」ボタンを押せば
フォルダごとカード上に解凍してくれます。

カラフルだよ。


インストールファイルを指定する場合はZIPファイルを指定して
「OPEN」ボタンを押してやると、ファイルの中身を表示してくれますので
解凍したいものをタップして選び(色が変わる)、「OPEN」を押せば
ファイル受信状態になり、本体にインストールする事が出来ます。

解凍は送信。


「Extract」を押して、カードのLauncharフォルダに解凍することも可能です。

ミニアイコンが素敵。


また、PalmHandZipperとの一番の違いは、カード上のファイルを圧縮出来る点でしょう。
やり方はファイルを選び、「ZIP」ボタンを押すだけです。
ただ、元ファイルが日本語だと圧縮時のファイル名が文字化けするようです。

なお、試用版では3つまでしか圧縮・解凍ができませんので
ここまで確認するのが結構大変でした(よよよ)。

$14.95のシェアウェアです。

ざっと使った感じでは悪くないなって思ったのですが
PalmGearではえらいたたかれようでした。
どうやら圧縮・解凍時にファイルが壊れることがあったらしいです。
そりゃ怒るわなぁ・・・。


値段と手軽さでPalmHandZipper、多機能さでLightNzipという感じでしょうか。

TXで禁断の果実をインストールされた方は、どっちか持っておくと
いざというとき幸せになれるかもしれません。

ふふ。

テーマ:写真日記
ジャンル:日記

天を目指す。

というわけで、ある時は喜びを
それ以外は途方もない現実をまざまざと突きつけてくれる
eyeさん作「めざてん」がバージョンアップされてます。

変更点はこちら。

○チャレンジモードに「難しい」と「激ムズ」を追加
○タイトルに段位表示を追加
○チャレンジモードに上位レベルへの挑戦制限を追加
○ゲーム画面で「戻る」機能の追加
○ハードキーの割り当てを変更

早速やってみましたが
VerUp後の初挑戦「かんたん」で、Lv4でしたテヘ☆(マジです)。

一つ齢を重ねた記念すべき日に、そんな現実を知るなんて...orz。
eyeさん、ありがとうございます~。

それにしても、7段って・・・。YaWaRaに出てくるおじいちゃんみたいだ(笑)。

TXで解凍する。

というわけで、また書きかけの文章が消えた(涙)。
FC2のバカバカ。

さて。

今回はTXでZIPファイルを扱ってみたいと思います。
かつて、クリエでは「CLIEFILE」というファイラーで
ZIPファイルの解凍が出来てたのですが
Palmには標準でファイラーがありませんし、当然ZIPファイルも解凍できません。

現在PalmwareでZIPが解凍できるものとして

PalmHandZipper



LightNzip

があるようです(他にもあるかも)。

両者を少しだけ使ってみましたので、その感想などを。

まず、PalmHandZipper
これはFreeのLite版もあるのですが、それはカード上のZIPファイルを扱えないので却下です。

アプリを立ち上げると、こんな感じ。

シンプルな画面。


カード上のZIPファイルを指定してやり、下部の「UnZip」を押すと

prcを自動で選んでくれる。


ZIPファイルの中身を表示してくれます。
PalmwareのZIPファイルだと、自動的にprcやpdbファイルを選択してくれます。
後は「UnZip/Install」ボタンを押してやれば、解凍して本体にインストールしてくれます。

ZIP内の表示も早く、解凍からインストールも自動でやってくれますので
操作自体は非常に簡単だと思います。

また、テキストファイルは即座に解凍して読むことが出来る「Open」と
標準のメモ帳で開く「Read」が選べますし
画像ファイル(jpegやgif)は、自分が入れている「AcidImage」で、
WordやExcelファイルは「Documents to Go」で表示してくれました。
この辺の連携は非常に便利だと思います。


難点としてあげるなら、カード内のファイルは圧縮できないということでしょうか。
圧縮出来るのは本体RAM上のアプリのみのようで、上部にある「ZIP」ボタンを押しても
本体RAM上のファイルしか表示されません。
メールにカード上のエクセルファイルを圧縮添付して送るなんていう使い方は出来ないみたいです。

値段は$9.99。テレビショッピングのようです。

次回はLightNzipを取り上げてみたいと思います。


TXを愛でる。

というわけで、いつも素敵なソフトウェアレビューをされてる
shino-jiのPalmware日記さんがTXを入手されたようです。
悪戦苦闘されながらも、すげー楽しそう。
レビューから喜びが伝わってきます。

やはりクリエからの移行ということで、勝手が違う部分も多く
リセットループのループになったりもしてるようです。

助け船を出せるほどの知識も経験も文章力も(涙)ないのですが
自分自身の環境の確認も兼ねて、少しでも参考になればと
TXに入れてるアプリを書き出してみました。


続きを読む

Romクッキング覚え書き。

というわけで、忘れないように覚え書き。


<レシピその1 Messagingを消せ>
Texter_Tips.prc
Texter_Tips_CROW.cprc
Texter_Tips_CROW_enUS.lprc
TexterApp.bprc
TexterApp_CROW.cprc
TexterApp_CROW_enUS.lprc
TexterApp_enUS.oprc
TreoSMSLib.bprc
TreoSMSLib_enUS.oprc
TreoSMSStub.prc
(CROWはGSM版での表示です。)

ご使用は自己責任でっ!!

新しい道。

というわけで、週末はサッカー見過ぎて昼夜逆転です。
明け方6時に芋焼酎のロックはいかんなぁ。

世間では700pやら黒Treoやらが賑わっておりますが
当方も、金はないのに悶々としてます。

TreoもTXもROM弄くったおかげですっかり素直ないい子になって。

それはそれでつまらない。

700pのアンロック版を心待ちにしてるんだがなぁ。
黒Treoも惹かれるけど、中身が一緒だとレストアして終わりだし。
むーーーー。



そんなことを考えながら、ようやくROMから「Message」を取り除くことに成功。
ついでにNetFrontLibも削除。
Treoをきちんと電話として使える地域ではNetFrontLibを削除すると
不具合が出るってどこかで見たのですが
これって、Network絡みの部分での不具合ってことなのかな?

TreoでNetwork(WebやSMS)を使うつもりはないので
外国へ行ったときにSIMカード差し替えで電話機能さえきちんと使えれば
問題ないのですが、さすがに検証しようがない・・・。


国内で使えれば、くぅ。

青い光の誘惑。

というわけで、1-4でしたか。悔しいけれどこれが現状でしょう。
日本代表にはお疲れさまでしたと言ってあげたいです。
また4年後に期待しましょう。

さて。

「すでに持っているのに同じようなものが欲しくなる病」というのがあります。
たった今、考えました。
モノは人それぞれでしょうが、
洋服だったりバックだったりカメラだったり
PalmだったりTreoだったり。

Treoだったりっ(羨ましいらしい)。

私も当然その病なのです。

箱は大きめ。


Amazonで注文していたPlantronicsのDiscovery640が届きました。
Bluetoothのヘッドセットは、すでに3つ持っているのですが
こいつは、その小ささにやられました。


簡単にご紹介。


続きを読む

前進。

3歳になったばかりの頃、足の病気になった。
股関節の骨が痩せていくという病気で、完治はしないと言われた。
親は必死になって病院を巡った。
1年近く病院を探し続けたが、どこも答えは一緒だった。
諦めかけたとき、父の知人の子供が同じ病気で手術で直ったという話を聞いた。
藁にもすがるつもりでその大分の病院を訪ねたら
今なら手術で完治するとの答えが返って来た。
今でも両親はその日の事が忘れられないと言う。

それから約1年半、入院した。

入院生活は楽しくて退屈だった。
大好きな母親とずっと一緒だったが
同世代の、というより子供自体いなかった。
いるのは病室=自分の部屋だと思ってる
じーちゃんばーちゃんばかりだった(仏壇まであった)。
当然看護婦さんは色々話しかけてくれるが
彼女たちは「トモダチ」ではない。
あの頃の私の「トモダチ」は
レゴブロックと日本昔話の絵本とコンバトラーVの超合金だった。
実家から遙かに離れた病院で
私は少しずつ一人でいることに慣れていった。

あれから数十年たった。
おかげで足は完治した。
小学校の時は運動オンチだったけど
中学の頃には50m走で6秒前半のタイムを出すくらいまでになれた。
友人も出来た。
仕事柄同僚がいないので、同級生と飲む機会が一番多い。
バカな話もすれば、仕事の話もする。

だけど。

やっぱり誘ってもらうことがほとんどだ。
自分から誰かを誘うって事はなかった。
誰かといることがイヤなのではなく
「一人でいること」が楽だったから。


数年前、Palmという電子機器に出会った。
アメリカで生まれた、日本的に言えば「電子手帳」ってヤツだ。
ちょうど日本語版が発売された頃だ。
シンプルで機敏で、何より自分で好きなソフトを選ぶことが出来る。
小さい電子機器が好きだった自分にぴったりだった。
それ以来ずっと愛用している(機種はコロコロ変えているが)。

Palmには、素晴らしいコミュニティがあった。
プログラマの人、ソフトを紹介してくれる人、ヘビーユーザー、ライトユーザーetc。
本当にいろんな人がそこにはいた。
中にはそれを批判する人もいたけれど
私はその世界が好きだった。毎日欠かさず見させてもらった。


でも、やっぱり見てるだけだった。
「一人でいること」が楽だったから。


ある日Palmを使ってて、どうしてもわからない事が出てきた。
いつもならPCであれこれ検索して何とか自力で解決するのだけど
その時はにっちもさっちもいかずお手上げ状態だった。
滅多に書き込みなんてしないのに、掲示板で尋ねてみた。
わからないままでいるのがよっぽど悔しかったらしい。
丁寧なアドバイスを頂き、あっという間に問題は解決した。

嬉しかった。

問題が解決したことよりも、
自分が書き込んだ事へ反応してくれたことが嬉しかった。
やっぱりPalmユーザーはいいよなぁなんて思ってたら
その人は、あろう事か私をPalmコミュニティにまで連れて行ってくれた。
ここ10年間での「3大びっくり」の一つだ。
いつもの見慣れたサイトの中に自分のサイトがある。
強烈な違和感と猛烈な感動があった。
おかげさまで、そのサイトは
「自分で書いて、自分だけにやにやするサイト」から
「自分で書いて、数人~数十人が見てくださるサイト」に
一気に格上げされた。
サナギマンを飛び越えてイナズマンになった気分だった。

そんなある日のイナズマンにまた一通のメールが届いた。
中身はmixiの招待状だった。

mixi。

噂では聞いていた。
ソーシャルネットワーキング。
最初は外部委託のアルバイト募集だと思っていたいやマジで。
どうやら違うようだ。招待制の交流の場らしい。

これこそ自分には縁がない世界だと思っていた。
一人でいるのが好きで、友人も少なくて、
何より自分以外でHPを持ってる人間を知らないような状況で
mixiなんてあり得ない話だと。

が、あり得た。

きっかけをくれたのはやはりPalmだった。
この小さな機械が、また新たな道を造ってくれたのだ。
たかがmixiでと思う人もいるだろう。
だけど、その「さしのべられた手」が何物にも代え難い喜びとなる人間もいるのだ。


たいちさん。
本当に、本当に、ありがとうございました。





長くなってしまったので、要約しておこう。



続きを読む

TXのカスタムROMその後。

というわけで、初期導入は散々だったTXのカスタムROMですが。

その後もスレッドは順調に伸び続け
何やらカスタムROMもアップデートされた模様。
前回のトライで「保険」がきく事がわかったので
懲りずに再度挑戦することにしました。


※ すでに御理解いただいているかとは思いますが
ここに書かれてあることは非常にグレーかつ危険な行為です。
導入等に関しては全て自己責任でお願いいたします。 ※

続きを読む

テーマ:日記
ジャンル:日記

TXのカスタムROM。

というわけで、例のスレッドにじっくり目を通してみました。

例のスレッド。

英語がからきしダメな人間の脳内翻訳こんにゃくでの解釈なので
詳しくは上記スレッドをお読み下さい。


<わかったこと>

①どうやら外国のすごい人が作ったカスタムROMらしい。
②スモールフォントに対応したNetFront、Files、drive mode、voice memoがROMに納められている。
③元のROMには戻せない(手段がないわけではない)。
④TreoのようなROMToolを出す予定はない。

ざっとこんなとこでしょうか。

一番の魅力は②でしょう。OperaMiniが使いやすくなったとはいえ
やはりPalmではNetFrontが最強だと個人的には思っています。
ただ、③は心配です。Treoの時も勢いで一番軽いカスタムROMを導入してしまいましたが
有志の方によるFullFileが用意されていたからこそできたようなものです。

「手段がないわけではない」と書いたのは、Palmが出しているWifiのアップグレードファイルを
インストールすることで再度ROMが書き換えられて、元に戻せるというものみたいです。

Wi-Fi Enterprise Security Update for the Palm® TX handheld

ただし、上記のアップグレードは$5.99と有料になります。
大した額ではないので、私は念のため購入しておきました。


こういう時は迷わず行けばわかると、偉い人も顎の長い人も言ってるので
さくっとインストール。



続きを読む

ついに来たのか?

というわけで、いよいよ道が開けそうです。

1src Fourums ~ CUSTOM TX ROM - works ~


まだざっとしか目を通してないのですが、面白そうな動きになりそう。
時間があれば、今夜にでもチャレンジです。

マイアミの奇跡ではなくドイツの奇跡を。

というわけで、勝ててたよなぁ・・・。
川口は今回もファインセーブだったのになぁ。
点が取れないなぁ。

望みが残ったなんて、そこまで楽観的なことは思わないけれど
かつての「マイアミの奇跡」をもう一度世界に知らしめて、締めくくって欲しい。

頑張れニッポン!!

へるぷみー。

というわけで、アプリがバージョンアップしたのを機に
またROMの中身をちょこちょこ弄ってるんですが。


Treoの「Messaging」を消すには、どのファイルを弄れば良いのでしょう?


あれこれ試してるのですが、その度にリセットループ・・・。
悔しい。きーっ。

ご存じの方、教えてやって下さい<(__)>。

いつのまにかVer.Up その2。

というわけで、愛用のソフトがバージョンアップしてるとわくわくしますな。

Palm上にカーソルを出現させるEzRockerが1.2にアップしてます。

5wayセンターボタン長押しでカーソルが出現します。
指タップの方が早いという天の声は華麗にスルー。

1.0の時はTXには対応してなかったと思ったんですが、1.2では対応されてますね。
あと、アプリごとに有効にするか無効にするかを選べるのですが
そこがより詳細になってます。

$9.90のSharewareです。ちょっと高いな・・・。

いつのまにかVer.Up

というわけで、Palmのワイヤレスキーボード用ドライバが最新版になってるようです。
持ってないんですけど。

で。

自分が持ってるThinkOutSide Bluetooth Keyboardの
ドライバはどうなってるんだろうと思ってみてみたら
きっちりアップデートされてました。


Stowaway Universal Bluetooth Keyboard


Treo650用もTX用も同じみたいです。
どこがどう変わったかは不明。どっかに書いてあるんかな?
TXで使ってみたんですが、大きな変化はなかったような・・・。

ミニーさんのパッチ。

というわけで、クリエ時代には死ぬほどお世話になっていた「ミニーの資料室」のミニーさんから
素晴らしいパッチが公開されました。


Mini's patch for ATOK V1.00


早速導入してみましたが、さすがTreo650用に開発されたとあって
使い勝手は抜群です。

Treo650では容量の関係でPOBoxのみを入れてたのですが
RomクッキングのおかげでATOKも無事導入することができ
このパッチでさらに使い勝手があがりました。

ミニーさん、ありがとうございますー!!


実は最近までATOKの辞書がSDに逃がせるのを知りませんでした...orz。
POBoxはカードに辞書置けるの知ってたんだけど。
も、もしかしてみんな知ってたの?

AScheDAで幸せ。

というわけで、きっと日本中ががっかりムードなのでしょうが
気持ちを切り替えて次を期待しましょう。
次はきっと柳沢がネオタイガーショットを打ってくれます。

さて。

以前にPalmのスケジュールソフト比較といった話が出ておりましたが
自分の中では、Treo650になってからはA5&Date@glance VS KsDatebookという構図になってまして
片方を使っては片方が恋しくなるという「いちご100%」みたいな状態でした。

片手での入力を優先するなら5wayに対応しているA5なのですが
月間表示がないためDate@glanceと併用の必要がある。

月間・週間表示の視認性や休日定義との連携ならKsDatebookなのですが
5wayに対応していない(というより、OS5.4に正式対応していないはず・・・)ために片手入力が出来ない。

非常に悩ましいわけです。

ちなみにAgendusやDateBKも使ってはみたのですが
どうも高機能すぎて使いこなし切れそうになかったのと
容量が大きすぎて、メモリの少ないTreoではキツかったために断念。
やはり自分にとってはKsDatebookが一番しっくりくるんです。

そんなときに見つけたのがMachine HeadのAKMさん作「AScheDA」。
DAなので素早く起動できて、いつでもスケジュール入力が可能になるというもの。
なによりKsDatebook繰越対応ということで、早速試用させて頂いたのですが・・・。

こちらもどうやら5wayに未対応の模様。
ただ、このDA自体は非常に使いやすかったために
思い切ってBBSにて思いの丈をぶつけてみました。


結果。


晴れて、「AScheDA Ver1.00」無事リリースしていただくことが出来ました。

5wayでもちゃんと青い枠が動いてくれます。
現状では日付選択のみセンターボタンでの決定ができないのですが
これくらいならEzRockerでカーソルぐりぐりしてやれば問題なし。
ようやく念願だったKsDatebook使用時の片手入力が可能になったのです。

うれし~。

おまけに、Readmeの開発協力者の欄に我が名が・・・。
協力だなんて、ベータ版を頂いて試しただけなのに。
感謝してもしてもし足りません。

AKMさん、本当に本当にありがとうございましたーー!!

くるっとまわす。

というわけで、PDAや電子小物を買うと必ずセットでケースを探します。
以前も書きましたが、少なからず愛着を持って購入したものを
なるべく綺麗な状態で使いたいという思いがあるのです。
単にそういうもの(ケースやらカバンやら)が好きなだけとも言います。

カスタマイズが進み、使いやすくなるTreoに比べると
どうしても出番が少ないTXなので
ケースまでひっくるめてビジネス仕様にして使い倒すことにしました。

実はすでにTXy用ケースは購入していたんです。
Palm純正ハードケースTreoで愛用中のクリスタルケース

が、どっちもしっくりこない。

ハードケースはでかい。せっかくのTXのスリムさが損なわれてしまいます。
クリスタルケースは、きっと個体差があるんでしょう。

閉じたら開かない(どーん)。

最初はめ込んでフロントカバー締めて再度開けるまでに10分かかりました(実話)。
他にも、TXをロックする部分(?)が固めで、出し入れを繰り返してると
若干擦り傷が出来てしまいました。
傷を付けないためのケースで傷付いてたら本末転倒です。

で。

他に何かいいケースはないものかと探してたら、ありました。
ミツゼ・クラフトさんのTX用ケースSHELL04 active spinです。
かつて憧れた「のり巻きケース型」と言えば、わかる人にはわかるかなぁ。

詳しいことはミツゼ・クラフトさんのHPを見ていただくとして
装着した感じはこんなふうです。

ジャストサイズ。


革をなじませてから送って下さるとのことだったのですが、まさに偽りなし。
寸分なくぴったり収まります。

三枚おろし風。


装着は標準で付いてくるカバーと同じなので簡単。
普通(?)のケースと違うのは、収納時は背面が表側にくることです。
もちろん表面の液晶部に触れる部分には固めの保護シートが内部に埋め込まれています。

すっきり持てるよ。


通常、手帳型だと入力時に表紙部分が邪魔になるんですが
これはくるっと後ろに回せるので、全く邪魔になりません。

ということで、かなり満足度高いです。
閉じてしまえば、どこから見ても普通の手帳。
まさにビジネス仕様といえます。

問題はこれに見合うだけの仕事があるかどうか・・・。

ともあれ、明日から華麗にデビューです。

地震。

というわけで、地震で目が覚めました。
結構長い時間揺れてましたね。震源地近くの方は大丈夫だったでしょうか。

大きな地震は阪神大震災&南海地震を経験してるのですが
いざ地震だってなっても動けないですね。
ただ揺れが収まるのを待つだけという感じ。
今回はほとんど被害はなかったけれど、「いざというとき対策」くらいは
やっておかないとなー。

対策してるときに限って、「いざというとき」が来ないんですけどね。

まだまだ余震があるかもしれません。
皆様もお気をつけ下さい。

まったり。

というわけで、休日はあっという間ですな。
ぐうたらしてただけですが。

ここんとこさっぱりネタがないので
暇つぶしがてら、Treoのクリスタルケースに
ストラップを取り付けるための改造を施してみました。

ヤスリで削るだけ。


ただ削るだけですが。

でも、以前はストラップを左下に付けてたので
これだけでもずいぶん使いやすくなりました。

やっぱりこの位置がいい。


はぁ、こんなもんで満足しててはいかんなぁ。
TXのRomtoolでも出ないものか・・・。

ようつべ。

というわけで、どうやらTreo700pではRomToolは動かないらしい。
よし、これでまだ戦える。

さて。

例のスプー動画を見て以来、YouTubeにはまっております。
スプー動画はNHKから削除依頼がきたそうですが
(ある意味正しいが、ある意味もったいないぞNHK)
確かに著作権の問題はあるでしょうが、ユーザーとしては非常に魅力的なのも事実な訳で。
DVDとかになってるような作品なら、それを買うなり借りるなりすればいいんでしょうけど
そうでない名作もたくさんあります。
YouTubeから火がつくなんてことも当然あると思うんだけどなぁ。

儲けも大事でしょうけど、ココは何とか一つ太っ腹なところを見せて欲しいものです。。

魅惑の黒。

というわけで、やっぱりWーZERO3は注目度が高いのでしょうか。
スカウターカウンターがぐるぐる回ってます。
こんなへっぽこ記事なのに。ごめんよ。がっかりすんなよ。

さて。

いよいよ日本にも上陸してきたTreo700pですが
どっこいTreo650だってまだまだ現役バリバリです。
で、ある意味700pより(自分的には)魅力的な品を発見してしまいました。

Limited-Edition Black Tie Treo 650

ロゴが違うのだよ。


渋いブラックカラーに特製ケース&特製スタイラス(3in1スタイラス?)付き。
何より、ロゴが「PalmOne」じゃなく「Palm」!!
アジア方面(フィリピン&シンガポール)限定販売だとか。

再度言おう。
日本の携帯キャリアよ。

なぜベストを尽くさないのか!

はー、めっさ欲しい&めっさ日本で使いたい・・・。

マイナーチェンジ。

というわけで、噂通り新しいW-ZERO3が出ましたね。

ウィルコムのページ。

が、噂通り(?)マイナーチェンジといったところでしょうか。
メモリ増強と辞書のプリインストールが変更点のようで
筐体も画像で見る限りは一緒みたいだし。

<追記>
ロケフリにも対応してました。スミマセンです。



せめてサイズはもう少しなんとかして欲しかったなぁ。

買いませんけどね。

買えませんけどね。

それにしても。

なぜTreoを使わないのか。

なぜベストを尽くさないのか。

W-ZERO3以上のお祭り騒ぎになると思うんだけどなぁ・・・。

反射神経。

というわけで、大事なことを忘れてました。
反射神経とか運動神経がない人なのでした。
ごめんよマリオ。

さて。

明日6月6日はダミアン、じゃなくて
なにやらモバイラーには楽しみな発表がありそうなので
今日はさらりと気になったニュースの紹介のみで。

ミニスカ姿で電車に 尼崎市部長を逮捕

どうせなら、その姿をweb上で公表してあげればいいのにと思いました、まる。

あ、落ちた。

というわけで、ガンダムと聞いては反応せずにはいられません。

父さんはボクより物欲の方が大事なの?

リアルすぎてシャレにならなくなりました。


さて。


こういうのもプチ物欲というんでしょうか?

ニュー・スーパーマリオブラザーズ

B0002FQD7C
任天堂 2006-05-25
売り上げランキング : 2
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

さすがは任天堂というべきでしょうか。単純に面白いです。
穴に落ちると、自然と「あ、落ちた」って言っちゃいます。
気分は松嶋奈々子。

実物とのギャップに気付くと気が遠くなります。

さー、無限1upいってみよー。

さらに日本語化へ。

というわけで、Treoの日本語化がさらにバージョンアップ。

詳しくは以下のページへ。

T-PilotさんのBBS
Treo650のROMで遊んでみようかと...
(上記ページへ直リンクの許可を頂きました。せきのさんありがとうございます。)

前回までは、ハードリセット後に「JaPon」と「JaPon_jpAN」というファイルを
手動で本体にコピーしてやらないといけなかったのですが
今回は、ROMに一緒に焼きこむとハードリセット後にその2つのファイルを
RAMに自動的に吐き出すアプリを開発してくださいました。

で、自分もせきのさんをまねて、VoiceMemoとNotePadをROMに導入。

クッキング → ハードリセット → 即日本語化 → うっとり

すごいです。いや、マジで。
自分の環境では、RomToolから抜け出すと
どうしてもリセットループになってしまうのですが
そんなもの、何の苦痛にもならなくなりました。
「どんとこいハードリセット」です。

RescoBackupを使って、アプリだけをレストアしてやれば
比較的簡単に元の環境に戻せますし。

ROMクッカーは是非(自己責任で)お試し下さい。
きっと幸せになれます。

恐る恐る挑戦。

というわけで、Treo650純日本語化から1日経ちましたが
全く問題なく動いております。
これで、700pの誘惑にも勝てそうです。
負けるが勝ちという言葉もありますが。

さて。

実は、かねてから挑戦してみようと思ってたことについに着手しました。
題して、

RomToolはTXでも使えるのか?

です。

あっさり結果がわかってしまいそうですが、あえて引っ張ります。
手順はTreoと一緒(のはず)。

HotSyncケーブルを繋いで

HotSyncボタンを押しながら

リセット!


続きを読む

Treo650日本語版。

というわけで、世間ではいよいよ700pへの誘惑が始まってるようですが。
私はもちろん華麗にスルーです。
我が財布に一片の紙幣なし。

さて。

そんな喧噪を指をくわえて眺めてつつ
我が愛機Treo650は、とうとう「日本語版」になりました。

JaPonをはじめ、優れたPalmwareを提供してくださっている
T-Pilotのせきのさんがすごいレシピを用意してくれました。
詳しくはT-PilotさんのBBSへ。

ハードリセット後にいきなり日本語環境が整ってるっていうのは
ものすごい感動です。

せきのさん、ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。